follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

1本のインプラントで2本の歯は支えられる?: ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2013021603.jpg

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2013 / 2 / 15 は論文抄読会でテーマは「インプラントのカンチレバー補綴」でした文献1文献2)。カンチレバーとは上の写真のインプラントのさし歯ように、片側だけで支える構造で、日本語では「片持ち梁」と言うそうです。

 2本のインプラントを埋入するには十分なスペースがない場合に、やむを得ず1本のインプラントに2本分のさし歯を装着することがあります。今回の文献1は、そんなカンチレバー補綴をした28本のインプラントの経過を3年間観察した研究でした。また、この研究ではさし歯を固定しているネジが繰り返し緩むなど、インプラント構造が壊れる前兆があった場合には余分に付いている方のさし歯(ポンティック)を切断することになっていました。3年間の観察期間中、さし歯を固定するネジが繰り返し緩み、ポンティックを切断したインプラントは28本中6本でした。インプラント周囲の骨が大きく吸収したり、インプラントがダメになったものは無かったそうです。すべてのインプラントでカンチレバー補綴がうまく機能したわけではないようですが、どうしても必要な場合にはひとつの選択肢になり得るようです。


【関連記事】

インプラントカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

カテゴリー:【インプラント】, 【学会・スタディーグループ】, ・ISCT研修会  日時:2013年2月18日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly