follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

サイナスリフト:インプラント治療における骨量の足りない上顎後方部への対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2013021702.jpg 2013 / 2 / 17 は、三井記念病院で行われた口腔機能再建インプラント研究会の講演会に参加しました。この会は三井記念病院の口腔外科のOBを含めた先生方を中心としたメンバーで構成されています。テーマは「サイナスリフト(上顎洞底粘膜挙上術)」でした。上顎の奥歯の上方には上顎洞(サイナス)と呼ばれる空洞があり、骨の厚みを制限しています。上顎後方で歯を失った部分の骨量が不足してインプラントが埋入できない場合には、上顎洞底の粘膜を持ち上げて(サイナスリフト)出来たスペースにインプラントを埋入することができます。

 前半は日本歯科大学の松野智宣先生の骨移植材についての研究発表で、骨移植材についての文献のレビューと現在入手可能な様々な骨移植材を使った動物実験による比較の結果を拝見しました。
 午後は「私が行っている上顎洞底粘膜挙上術」というテーマで6人の演者が発表しました。サイナスリフトには、下方からアプローチする方法と側方からアプローチする方法があります。また、移植材も自家骨、人工骨、コラーゲン、多血小板フィブリンなど様々で、上顎洞底粘膜挙上部にインプラントのみ埋入して移植材は使わない先生もおられました。6人の発表者がそれぞれの術式で多くの症例を治療されており、利点・欠点を比較しながら拝見することができて大変参考になりました。

カテゴリー:【インプラント】, ・サイナスリフト, 【学会・スタディーグループ】  日時:2013年2月20日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly