follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯がわれた!:歯を残せる場合と残せない場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2012112907.jpg

 歯ぐきが腫れて痛くなる場合、歯の根が割れていることがあります。歯根破折すると割れ目を伝って体の中にばい菌が侵入するため、割れた部分を除去する必要があります。ここで、割れ方により歯を残せる場合と残せない場合があります。











【歯を残せない場合】
根の先まで歯が割れると残すことはできません。抜歯して、ブリッジやインプラント、義歯を検討します。

2012112301.jpg


【歯を残せる場合】
割れ目が浅く長い歯根が残った場合には、歯を残してもう一度クラウン(さし歯)を装着できることがあります。

eruption01.jpg

上のレントゲンから歯根破折は比較的浅く、長い歯根が残っています。

eruption02.jpg

割れた部分を除去したところ。歯ぐきの下まで歯が割れているため、矯正装置を付けて歯ぐきの上まで歯を引っ張り出します。

eruption03.jpg

矯正と歯肉の整形がおわったところ。歯を歯肉の上まで引っ張り出すことができました。

eruption04.jpg

クラウンを装着してまた咬めるようになりました。


カテゴリー:【歯の知恵袋】, 【抜歯】  日時:2012年11月28日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly