follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯が痛い! 5つの原因と治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


「歯が痛い!」と来院される患者さんは毎日のようにいらっしゃいます。今回は、よくある歯の痛みの原因5つとその治療法をご紹介します。



2012112308.jpg【知覚過敏】→詳しくはこちらのページ

歯ぐきが後退して敏感な歯根が露出し、そこに冷水や歯ブラシの刺激が加わるとまるで神経に触れたような痛みを感じます。

(治療法:ご自宅で)
②歯ぐきを傷つけないように優しくみがく

(治療法:歯科医院で)
①露出根面を薬剤接着材でコーティング
神経を取る



2012112904.jpg

【虫歯】→詳しくはこちらのページ

深く進行した虫歯は激しい痛みの原因になることがあります。神経が死んでいる歯でも痛むことがあります。

(治療法)
・神経まで達していない虫歯で、神経が健康な状態であれば虫歯の部分を除去してつめ物をします。
・神経まで達した虫歯、または神経が炎症または壊死した状態であれば神経を除去して消毒します。



2012112907.jpg

【歯の破折】→詳しくはこちらのページ

歯にヒビが入ったり、割れているとそこを伝って細菌が歯の神経や体内に侵入し強い痛みが出ることがあります。

(治療法)
・神経の残っている歯でひび割れが神経に達している場合、神経を除去する必要があります。
・割れ目が浅い位置で止まり健康な歯根が長く残っている場合は、割れた部分を除去してかぶせ物(クラウン)を製作します。
・歯が根の先まで割れた場合には残念ながら、抜歯をするしかありません。



2012112208.jpg
【歯周病】→詳しくはこちらのページ

根の周囲に着いた細菌の感染が原因で歯ぐきに腫れや痛みが出ます。特に深い歯周ポケットの中にウミがたまった場合や、急性壊死性潰瘍性歯肉炎と呼ばれる歯肉炎の場合には強い痛みが出ます。

(治療法)
根面の歯石を除去して、患者さんにはブラッシングをよくしていただきます。治療効果は非常に高いですが、深い歯周ポケット分岐部病変がある場合にはなかなか改善しないこともあります。




2012112906.jpg

【親知らずの炎症】→詳しくはこちらのページ

倒れて生えている、歯ぐきが半分かぶっているなど正常に生えていない親知らずの周囲には汚れがたまりやすく、歯ぐきが炎症を起こし痛むことがあります。

(治療法)
周囲の汚れを除去して消毒します。多くの場合一時的に痛みは治まりますが、汚れがたまりやすい状態の場合には再発も多く見られます。抜歯をする場合には根元を通る神経(下歯槽神経)の位置に注意が必要です。




【関連記事】

歯の知恵袋カテゴリの記事

虫歯がないのに歯がしみる 知覚過敏の治療法

虫歯の段階とそれぞれの治療法

歯がわれた!:歯を残せる場合と残せない場合

歯周基本治療  

親知らずの抜歯によるリスク


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯がわれた!:歯を残せる場合と残せない場合

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2012112907.jpg

 歯ぐきが腫れて痛くなる場合、歯の根が割れていることがあります。歯根破折すると割れ目を伝って体の中にばい菌が侵入するため、割れた部分を除去する必要があります。ここで、割れ方により歯を残せる場合と残せない場合があります。










【歯を残せない場合】
根の先まで歯が割れると残すことはできません。抜歯して、ブリッジやインプラント、義歯を検討します。

2012112301.jpg


【歯を残せる場合】
割れ目が浅く長い歯根が残った場合には、歯を残してもう一度クラウン(さし歯)を装着できることがあります。
eruption01.jpg
上のレントゲンから歯根破折は比較的浅く、長い歯根が残っています。
eruption02.jpg
割れた部分を除去したところ。歯ぐきの下まで歯が割れているため、矯正装置を付けて歯ぐきの上まで歯を引っ張り出します。
eruption03.jpg
矯正と歯肉の整形がおわったところ。歯を歯肉の上まで引っ張り出すことができました。
eruption04.jpg
クラウンを装着してまた咬めるようになりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周病と糖尿病の相互関係

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加させていただいています。隔週で症例検討会と論文抄読会をしております。2012/11/16 は論文抄読会でテーマは「歯周病と糖尿病の相互関係」でした。(文献1文献2

2012012004.jpg

図: 8020推進財団 歯とお口の健康小冊子


 文献1は人工的に引き起こした糖尿病のラットでは、傷ついた歯周組織の修復が遅れるというものでした。

 文献2は人工的な歯周病を引き起こしたラットで調べたところ、歯周病により糖代謝の調節をするインシュリンの感受性とインスリン受容体後の細胞内シグナル伝達が低下したというものでした。これは正常なラットと血中の腫瘍壊死因子(TNF-α)を比較すると歯周病のラットの方が高い値を示したことから、TNF-αの増加が原因ではないかと結論づけています。

【関連記事】

歯周病カテゴリの記事

歯周病と全身疾患

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

グラグラになった乳歯の抜き方

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2012112601.jpg

 お子さんの乳歯がグラグラで痛くて食事ができないときに、どうしたら良いかというご相談をよくいただきます。歯科医院に来ていただくのが一番良いのですが、乳歯は20本ありますからあまり何度もご来院いただくのも大変です。そこで今回は乳歯を抜いてもいいかどうかの判断基準と抜き方をご説明します。

ー 乳歯から永久歯への生え替わりの時期 ー
2012111702.jpg

この乳歯は抜いてもいい?

・まずは上の表をご覧ください。歯の生え替わりの時期の一覧表です。お子さんの年齢がグラグラした歯の生え替わり時期に達していることが第一条件です。もしも11〜12歳で生え替わる歯が7歳や8歳で抜けそうな場合は歯周病その他の病気の可能性がありますので、歯科を受診してください。

・第二の条件は乳歯が軽く引っ張っただけで抜けそうであることです。強く引かないと抜けないような歯はまだ生え替わりの準備ができていないのかもしれません。乳歯が揺れて痛むが抜けそうにない場合も、無理に抜かずに歯科を受診してください。

グラグラになった乳歯の抜き方

①ガーゼで乳歯を包む
②乳歯をつまんで真上(真下)に引く
③出血が止まるまでガーゼで圧迫する

抜いた後に乳歯の根の欠片が残った、抜いても腫れや痛みが続くような場合も歯科を受診してください。
photo credit: Stuck in Customs cc


【関連記事】

お母さんが知っておきたい! 乳歯の歯みがき法

乳歯のケガ 歯やお口のトラブル応急処置:日本歯科医師会動画

6歳臼歯は虫歯になりやすい! 生えたばかりの歯のお手入れについて

お子さんの仕上げ磨き

毎日の歯みがきのポイントまとめ

歯を白くする! 3つの方法

あなたも当てはまるかも? 歯に着色する4つの原因と対策

歯石除去 症例写真: 篠田歯科 YouTubeチャンネル

ホワイトニング症例


むし歯・歯周病を予防する4つのポイント

口臭の原因となる舌苔(ぜったい)

歯の知恵袋カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

虫歯のできやすい場所 ワースト3

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


今回は虫歯ができやすく、歯みがき時に特に注意していただきたい場所(3大不潔域)をご紹介します。



【かみ合わせの面のみぞ】
2012112305.jpg
かみ合わせの面のみぞは汚れが溜まりやすい反面、比較的歯ブラシでみがきやすく虫歯の予防が十分可能な場所です。


【歯と歯ぐきのさかいめ】
2012112306.jpg
歯と歯ぐきのさかいめは、意識していないと歯ブラシが当たりにくい場所です。歯ぐきをマッサージするつもりでみがくとうまく歯ブラシが当たります。


【歯と歯の間】
2012112307.jpg
歯と歯の間は、デンタルフロスか歯間ブラシを使わないと清掃できません。1日1回デンタルフロスか歯間ブラシを入れましょう。


虫歯は正しい歯ブラシ歯間清掃フッ素の応用でほとんどの場合予防可能です。まずは、歯科医院で歯磨き指導と虫歯のチェックを受けましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯根膜の自然治癒力を活用した治療:救歯会外来講師講演会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2012112203.jpg

 2012 / 11 / 18 は私の所属しているスタディーグループ救歯会の外来講師講演会に参加しました。講師は国立市でご開業の下地勲先生でした。下地先生はスタディーグループ火曜会の会員で歯の保存、再生、移植にこだわった治療をしておられます。

 今回の講演はご自身の著書「歯根膜による再生治療ーインプラントを考える前にー」を元にしたものでした。講演では歯牙移植の症例が素晴らしく、20年以上経過の症例がいくつも紹介されました。著書のタイトルからインプラントには否定的なご意見をお持ちなのかと思いましたが、インプラントの症例も数多くお持ちで100%の成功率を誇っていらっしゃるとのことです。安易に抜歯してインプラントとは考えずできる限り天然歯を保存しようというお考えで、非常に共感できる内容でした。

【関連記事】

救歯会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

虫歯がないのに歯がしみる 知覚過敏の治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット



2012112308.jpg

 「歯がしみる」とのことで来院される患者さんは多くいらっしゃいますが、意外なことに虫歯がないことの方が多いんです!

 歯ぐきが後退して敏感な歯根が露出し、そこに冷水や歯ブラシの刺激が加わるとまるで神経に触れたような痛みを感じます。これを知覚過敏と言い治療法には以下の様なものがあります。








【ご自宅で】


②歯ぐきを傷つけないように優しくみがく
 (歯科医院で歯磨き指導を受けましょう。)



【歯科医院で】

①露出根面を薬剤接着材でコーティング
軽度の知覚過敏にはこの方法が効果的です。

①で効果がなく、歯ぐきの後退が極端に大きい場合には外科的に歯ぐきを元の位置に戻すことができます。
2012112310.jpg
rct-02.jpg


①で効果がなく激しい痛みが長時間持続する場合は、神経が炎症を起こしている(歯髄炎)場合があります。このような場合には歯の神経を除去して痛みを取ります。
















 普段から歯ぐきを傷つけないように優しくみがいていただくことが大切です。また一般の方には虫歯と知覚過敏の判別は難しいので、歯がしみる時には歯科を受診してください。


【関連記事】


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯ぐきが腫れた!:3つの原因と治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 当院では歯周病専門医ということで「歯ぐきが腫れた」と来院される患者さんが多くいらっしゃいます。ところが調べてみると歯周病が原因でないことがよくあります。そこで今回は歯ぐきの腫れる原因のうち、よく見られるものを3つご紹介します。



2012112904.jpg
【根尖性歯周炎】

(原因)歯の神経の通る穴の中の細菌感染が原因で根の先にウミがたまると、歯ぐきが腫れたり痛くなったりします。

(治療)根管治療(神経の穴の消毒)により改善しますが、残念なことに成功率は6割〜7割と言われています。根管治療をした356人の経過を8−10年追った研究では、根の先に病気のあった症例の根管治療の成功率は62%だったと報告されています。





2012112208.jpg
【歯周病】

(原因)根の周囲に着いた細菌の感染が原因で歯ぐきが腫れます。歯と歯ぐきの境い目あたりの歯ぐきが腫れることが多いですが、深い歯周ポケットの中にウミがたまると、根の先に近い部分が腫れることもあります。

(治療)根面の歯石を除去して、患者さんにはブラッシングをよくしていただきます。治療効果は非常に高いですが、深い歯周ポケット分岐部病変がある場合にはなかなか改善しないこともあります。




2012112907.jpg
【歯根破折】

(原因)歯根にヒビが入ったり、割れているとそこを伝って細菌が体内に侵入し腫れたり、痛んだりします。

(治療)歯根の割れ目を接着剤ではり付けるなどの試みがされていますが、ほとんどの場合改善しません。割れ目が浅い位置で止まり健康な歯根が長く残っている場合は、割れた部分を除去してかぶせ物(クラウン)を製作します。歯が根の先まで割れた場合には残念ながら、抜歯をするしかありません。





 いずれの場合も放っておくと大変なことになります。歯ぐきが腫れたら早めに歯科を受診してくださいね。


【関連記事】







このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

ファイバーコア: 歯根破折のリスクを小さくする支台築造

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2012111401.jpg

 中野区歯科医師会では学術部に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2012 / 11 / 14 は鶴見大学歯学部臨床教授の坪田有史先生ををお招きして、「現在の支台築造の考え方ー支台築造のガイドラインとファイバーコア」というテーマでご講演いただきました。

2012111403.jpg

 さし歯の土台となる歯(支台歯)の背が低くなっている場合、ポストアンドコア(省略してコア)という方法で支台歯を築造します。ところが従来の金属製のコアの場合には材質が硬すぎてコアがくさびのように働き、歯根破折のリスクが高くなるという欠点がありました。そこで現在では、歯と硬さが同じくらいのグラスファイバーのコアを歯に接着して用いることにより歯根破折のリスクを小さくする取り組みがなされています。またオールセラミッククラウンなどの金属を使わない修復の場合にもファイバーコアが用いられ、審美性の向上や金属アレルギー対策に役だっています。

 坪田先生は長く鶴見大学に在籍され、接着やコアに関する多くの実験・研究をされており、臨床例も豊富にお持ちでした。ご講演では10年以上の経過の症例を多数紹介されながら、ファイバーコアの利点や実際の処置手順について非常にわかりやすくご説明いただきました。近年、審美性の向上や金属アレルギー対策のためにメタルフリー修復が注目されているため、ファイバーコアは大きく普及していくものと思われます。

【関連記事】

歯科医師会カテゴリの記事

審美歯科カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯牙移植と年齢の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 以前に、「私の所属しているスタディーグループ救歯会の会員から集めた自家歯牙移植のデータが論文としてまとめられ、Journal of Oral Rehabilitationに掲載されました。」という記事を書かせていただきました。救歯会会員の吉野浩一先生が会員からアンケートをとって、1990年から2010年に行われた708本の自家歯牙移植について分析されたものです。この調査からの第4報目Journal of Oral Rehabilitationに掲載されました。

2012111104.jpg

 今回の文献は自家歯牙移植における年齢のリスクを調べたものでした。結果は25~69歳の患者さんで25歯以上残存している場合、年齢によって移植歯の生存率に差は無いというものでした。

【関連記事】

救歯会カテゴリの記事

書籍カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント周囲炎とその治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎月第一水曜日(時々変更があります)はスタディーグループ救歯会の例会に参加しております。月1回、分野を限らず包括的な歯科医療の症例検討会をしています。当日の診療は4:30までとなりますので、患者様にはご迷惑をおかけいたします。


 2012 / 11 / 7 は以下のテーマで3人の演者が発表しました。
1) Peri-implantitisとその治療法  
2) 歯周炎治療の長期経過 
3) 重度歯周炎の補綴治療
2012110902.jpg
 1) Peri-implantitis(インプラント周囲炎)とその治療法 は、以前に私が勤務していた西堀歯科の西堀雅一先生の発表でした。インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病(正確にはインプラント周囲炎)になることがあります。インプラント周囲炎は西堀歯科の勉強会 ISCT研修会でも最近幾度となくテーマになっており、今回の発表はそれらの総括的なものでした。結論としては、インプラント周囲炎の兆候が現れたら早期に外科的に清掃して、進行させないことが大切であるというものでした。またインプラント周囲骨の欠損にまで進行してしまった場合には、外科的な清掃の後に再生療法も可能であろうということでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

11月の休診について

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2012110304.jpg

11月は以下のとおり臨時休診させていただきます。

11/7(水)の診療は16:30までとさせていただきます。研修会に出席します。

11/21(水)の診療は18:30までとさせていただきます。大学の委員会に出席します。

11/28(水)の診療は17:30までとさせていただきます。大学の委員会に出席します。

【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント周囲炎における感染の除去

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加させていただいています。隔週で症例検討会と論文抄読会をしております。2012/10/19は論文抄読会でテーマは「インプラント周囲炎における感染の除去」でした(文献1文献2)。インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病(正確にはインプラント周囲炎)になることがあります。以前はインプラントの失敗にはあまり注目されていませんでしたが、現在ではインプラント周囲炎が話題にあがることは多く、研究も盛んにされています。



2012110302.jpg


 文献1は、重度のインプラント周囲炎症例で汚染されたインプラント表面を①レーザーで清掃または、②従来の清掃器具(キュレット)と綿球と生理食塩水で清掃した後骨移植を行い、6ヶ月後①と②を比較したものでした。結果は、両グループとも一定の改善を示したが、レーザーの効果は従来の清掃器具と同程度であったというものでした。







2011102106.jpg


 2つ目の文献はインプラント周囲炎の30症例で、インプラント周囲に研磨剤を噴射して清掃したグループと手用器具と消毒薬を用いて清掃したグループの比較。結果は両グループ同等に改善したが、BOP(ポケット測定時の出血)は、研磨剤を噴射して清掃したグループの方が少なかったというものでした。








 インプラント周囲炎で汚染されたインプラント表面の清掃にはレーザーや研磨剤の噴射などが研究されていますが、なかなか従来の清掃器具に対する優位性は見いだせないようです。


【関連記事】

歯周病患者のインプラント治療

インプラントカテゴリの記事

インプラント周囲炎カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯を抜いた後に気を付けていただきたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


歯を抜いた後は以下のことに気を付けましょう!

20121102.jpg


【抜歯後30分~1時間はガーゼを咬んでおく】

出血を止めるために、抜歯後30分から1時間ほどガーゼを咬んでいてください。多くの場合これで出血が止まりますが、傷口が大きい場合など症例により差があります。出血の多い場合には担当の歯科医に連絡してください。


【当日は口を強くゆすがない、抜いた側で食事をしない】

通常、抜歯した穴にはすぐに血のかたまり(血餅)ができ、出血が止まります。抜いた側で食事をしたり、強く口をゆすぐと血餅がとけてまた出血します。また、血餅ができないと穴の中で骨がむき出しのままになることがあります。このような状態をドライソケットと言い、強い痛みが長期に続きます。1週間以上痛みが続く場合はドライソケットの可能性がありますので、担当の歯科医に連絡しましょう。


【運動、飲酒、長時間の入浴はしない】

出血が止まりにくくなるため、運動、飲酒、長時間の入浴は避けてください。


【おかしいなと思ったら担当の歯科医に連絡】

出血が止まらない、痛みが強い、腫れが大きい、じんましんが出たなど、おかしいなと思ったらすぐに担当の歯科医に連絡してください。


【関連記事】

抜歯カテゴリの記事

歯の知恵袋カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

親知らずの抜歯によるリスク

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 みなさんの中には、親知らずを抜いた後に大きく腫れてしまったご経験のある方がいらっしゃるかも知れません。親知らずの抜歯にはどんなリスクがあるのでしょうか?

2012110101.jpg


【抜歯後出血】

抜歯後30分から1時間ほどガーゼを咬んでいただくことで多くの場合出血が止まりますが、症例により差があります。出血の多い場合には担当の歯科医に連絡してください。


【抜歯後の腫れ・痛み】

一般に上顎よりも下顎の親知らずの抜歯で腫れや痛みが出ます。また、腫れが大きい場合には口が開きにくくなることがあります。多くの場合2・3日~1週間ほどでおさまります。


20121102.jpg

【ドライソケット】

通常、抜歯した穴にはすぐに血のかたまり(血餅)ができ、やがて歯肉が傷口を覆います。骨の固い下顎ではまれに出血が起こりにくいために、この過程がうまくいかず長期に骨がむき出しのままになることがあります。これをドライソケットと言い、強い痛みが長期に続きます。抜歯から1週間経過しても強い痛みが続く場合はドライソケットの可能性があるので、担当の歯科医に連絡しましょう。


2012110102.jpg

【神経麻痺】

下顎の親知らずの近くには神経が通っていることがあります。この場合、抜歯により知覚麻痺が起こるリスクがあります。このような症例ではできるだけ抜歯しないで、患歯を温存します。どうしても抜歯が必要な場合には、当院では麻痺が起こった場合の対応のため大学病院での抜歯をおすすめしています。


【全身疾患、服用している薬があるときは、必ず事前にお知らせください】

全身的なご病気がある場合や血液をサラサラにする薬、骨粗鬆症の薬等、日頃お薬を服用されている場合は必ず事前にお知らせください。抜歯により重大な問題が起こる可能性があります。


 このように親知らずの抜歯には多くのリスクが伴います。実際の治療では抜歯によるリスクと比較して抜歯によるメリット(感染源の除去など)が大きい場合に抜歯が行われます。


【関連記事】

抜歯カテゴリの記事

歯の知恵袋カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

親知らずを抜く?抜かない?の基準

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 先日クチコミサイトで、「ホームページに抜歯についての説明がない。」とのご指摘をいただきましたので、いくつか記事を書かせていただきます。


 親知らずはすべて抜かないといけないものでしょうか?実は抜いた方がいい場合と、残しておいてもいい場合があります。

2012110104.jpg
【抜いた方がいい場合】

・奥の方に生えている、斜めに生えている、半分歯ぐきに埋まっているなどの理由で歯みがきができず、常に歯垢がたまっている、腫れを繰り返す場合

・神経に達する虫歯ができているが、奥の方に生えているため治療器具が届かない場合

・上下どちらか一方だけ親知らずが生えていて、対顎の歯肉に咬み込んで痛くなる場合

・歯列矯正などの治療上、抜歯が必要な場合


【抜かなくていい場合】

・歯ブラシで清潔にみがけて、問題を起こしていない親知らずは抜く必要はありません。

・歯ぐきの下に完全に埋まっていて感染を起こさない場合

(歯列矯正治療等の必要から抜くことはあります)


 若い時にすべての歯がそろっていて親知らずが必要なくても、歳を取って歯が少なくなり入れ歯やブリッジの土台として親知らずが役に立つこともあります。歯ブラシで清潔にみがけて、問題を起こしていない親知らずは、できるだけ残しておくことをおすすめします。


【関連記事】

抜歯カテゴリの記事

歯の知恵袋カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド