follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

矯正、インプラント治療を用いた重度歯周疾患の症例

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加させていただいています。隔週で症例検討会と論文抄読会をしております。

20120202.jpg

 2012/6/22は症例検討会で私が「矯正、インプラント治療を用いた重度歯周疾患の症例」というテーマで、症例発表しました。昨年西堀雅一先生と共著でデンタルダイヤモンド増刊号「インプラント時代の歯周マネジメント」に、「歯周病のマネジメントとインプラントを含めた歯周補綴による咬合再構成」というテーマで記事を書かせていただいた症例でした。動的治療と術後経過、メインテナンス中に起こった問題点などを発表し討論をしました。重度歯周病患者では、インプラント周囲で炎症が起こるリスクが高くなります。このためインプラント周囲炎が起こりにくいインプラント上部構造の材料や形態が話題になりました。

【関連記事】

歯周病患者のインプラント治療

インプラントカテゴリの記事

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント周囲炎に対する再生療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加させていただいています。隔週で症例検討会と論文抄読会をしております。2012/6/15は論文抄読会でテーマは「インプラント周囲炎」でした。

2012062401.jpg

Froum SJ, Froum SH, Rosen PS. 2012 より

 インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病(正確にはインプラント周囲炎)になることがあります。今回の文献はインプラント周囲炎に罹患した51本のインプラントに再生療法を行い、3年から7年半経過を追った報告でした。その結果、インプラント周囲のポケットは平均で5.1mm-5.4mm浅くなり、インプラント周囲骨は3.0mm-3.75mm再生したそうです。今回の文献はインプラント周囲炎の治療において炎症をコントロールして進行を止めるというだけでなく、失った組織を積極的に再生できる可能性を示している点で大変参考になりました。

【関連記事】

歯周病患者のインプラント治療

インプラントカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

食べることに問題のある患者に歯科はなにができるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 中野区歯科医師会では学術部に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2012 / 6 / 13 は日本歯科大学 口腔介護・リハビリテーションセンター 菊谷武教授をお招きして、「食べることに問題のある患者に歯科はなにができるのか?」というテーマでご講演いただきました。

20120613.jpg

 通常、われわれ歯科医の仕事はさし歯や入れ歯、インプラントの歯を入れて食事を咬めるようにすることです。しかし、唇や舌を使って食べ物を上手に歯の上まで運ぶ、食べ物を気管ではなく食道に流しこむなどの機能が落ちている患者さんには入れ歯を入れても食事ができるようにはならないとのことでした。このため、摂食嚥下障害の患者さん(多くは老人)の咀嚼能力を見きわめ、適した食事を指導することも必要だとのことでした。


【関連記事】

歯科医師会カテゴリの記事

学会・スタディーグループカテゴリの記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド