follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯周病が糖尿病を悪化させる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加させていただいています。隔週で症例検討会と論文抄読会をしております。

 2012/1/20 は論文抄読会で歯周病と糖尿病の関係についてのリビュー論文を読みました。健康な人に比べ糖尿病患者では歯周病の罹患率がより高く、歯周病がより進行していることは以前から知られ疫学調査などからも証明されてきました。

2012012004.jpg

 ところが最近では歯周病が糖尿病を悪化させるかもしれないという研究がいくつか発表されています。歯周病が悪化すると炎症性因子(TNF-α などのサイトカイン)が持続的に産生され、これらの物質がインスリンの作用を阻害するため、糖尿病に悪影響をもたらすと考えられています。ただし、歯周病治療により糖尿病患者の血糖値のコントロールが改善したとする研究もあれば、変化はなかったとする研究もあるため、「歯周病が糖尿病を悪化させる」かどうかを解明するにはさらなる研究が必要なようです。

カテゴリー:【歯周病】, ・歯周病と全身疾患, 【学会・スタディーグループ】, ・ISCT研修会  日時:2012年1月20日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly