follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

上顎前歯部インプラントにおいて審美に影響する因子

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

 毎月第一水曜日(時々変更があります)はスタディーグループ救歯会の例会に参加しております。月1回、分野を限らず包括的な歯科医療の症例検討会をしています。当日の診療は4:30までとなりますので、患者様にはご迷惑をおかけいたします。

2011/5/18は、
・上顎前歯部インプラントにおいて審美に影響する因子を再考する
・術後対応に追われた1症例
・インプラント治療における失敗とは
というテーマで3人の演者が症例発表をしました。今回は3人ともインプラント治療の症例でした。

implant_001.jpg

 第一演者は浅草でご開業の藤関先生で、症例発表を通して「上顎前歯部インプラントにおいて審美に影響する因子」について考察されていました。
・抜歯後即時にインプラントを埋入するのか、抜歯窩の治癒を待つか
・骨再生治療(GBR)を行うか否か
・インプラントの埋入位置
・仮歯から最終補綴物の製作法
などについて、過去の症例と対比しながら詳細に検討されていて、大変勉強になりました。

【関連記事】

インプラントカテゴリの記事
審美歯科カテゴリの記事
救歯会カテゴリの記事

カテゴリー:【インプラント】, 【学会・スタディーグループ】, ・救歯会  日時:2011年5月19日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly