follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

CAD / CAM

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加させていただいています。隔週で症例検討会と論文抄読会をしております。

20110527_01.gif
2011/5/27は、歯科機材メーカーの方を招いてCAD/CAMの勉強をしました。

コンピュータを使って製品を設計して、そのデータを用いて製品を削り出していくことをCAD/CAMといいます。

歯科の分野でも以前からCAD/CAMによる修復物の製作が行われてきましたが、最近その精度が非常に高くなり広く用いられるようになってきました。
特に金属の代わりにジルコニアという素材を用いるオールセラミック修復では、CAD/CAMが必須になります。
オールセラミック修復は、やや強度が低い・コストが高いなどの問題点がありましたが、技術の進歩と普及により改善されつつあるようです。

【関連記事】

審美歯科カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事


カテゴリー:【インプラント】, 【審美歯科】, ・オールセラミック, ・セラミック・インレー, 【学会・スタディーグループ】, ・ISCT研修会  日時:2011年5月28日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly