follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯周病患者のインプラント治療

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

インプラント治療を予定している患者さんが歯周病に罹患している場合には、厳密な歯周病の治療の後インプラント治療が可能かどうか判断する必要があります。

【症例】

歯周病の治療を希望して来院された患者さんです。

初診時: プラーク(歯垢)が付着し歯肉が腫れています。

DSC_7140.jpg初診時レントゲン: 奥から2番目の歯は支持骨が大きく吸収し、奥から5番目の歯は虫歯で溶けて根の先だけになっています。

名称未設定-8.jpg歯周病治療後: 概ね歯肉の炎症は改善しましたが、奥から2番目の歯は歯周病が進行していて炎症が治まらないため、抜歯することにしました。

DSC_9559.jpg抜歯した歯:根の先近くまで歯周病が進み、分岐部にも黒い歯石が付いています。

DSC_0436.jpg臼歯は倒れて傾斜していたため、歯列矯正をしています。

DSC_6248.jpg治療終了時: 歯周病の改善を確認した後、歯を抜いた部位にはインプラントを埋入しています。

0012.jpg終了時レントゲン

slide0001_image056.jpgまた、天然歯とインプラントの安定した経過のためにはメインテナンス(定期検診)も欠かせません。

【関連記事】


カテゴリー:【歯周病】, ★歯周病症例, 【インプラント】, ★インプラント症例, ・歯周病とインプラント, 【審美歯科】, ・メタルボンドクラウン, 【歯列矯正】, 【歯茎の腫れ痛み】  日時:2010年12月29日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly