follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯周病患者にインプラント治療をしても大丈夫?

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

implant01.jpg

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病(正確にはインプラント周囲炎)になることがあります。

歯周病改善後の患者のインプラント治療の結果は安定していることが、いくつかの研究で示されています。 ( Nevins & Langer 1995 Ellegaard et al. 1997 

しかし、健康な人に比べると治っていない歯周病患者のインプラントの成功率は劣るという報告があります。(Hardt et al.(2002 ) Karoussis et al.(2003 ) )

また、歯周病患者の残存歯の歯周ポケット内の細菌の構成と、インプラント周囲のポケット内の細菌の構成は似ていることが確認されています。(Papaioannou et al. 1996 De Boever et al. 2006 )

これは、残存歯周囲の細菌がインプラント周囲に移り住んでいる可能性を示唆しています。




(まとめ)

・ インプラント治療の前には歯周病の検査を行う必要があります。

・ もしも歯周病に罹患している場合には厳密な歯周病の治療の後、インプラント治療が可能かどうか判断する必要があります。

・ また、天然歯とインプラントの安定した経過のためにはメインテナンス(定期検診)も欠かせません。

implant_02_clip_image001.gif

【関連記事】

歯周病改善後の患者のインプラント治療の経過
健康な人に比べると、治っていない歯周病患者のインプラントの成功率は劣る
歯周病菌がインプラント周囲に移り住む?

カテゴリー:【歯周病】, 【インプラント】, ・歯周病とインプラント  日時:2010年11月26日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly